2019.07.27更新

 糖尿病の合併症、「しめじ・えのき」と覚えましょう。「しめじ」は、し:神経障害、め:眼(網膜症);じ:腎臓(腎症)でいわゆる3大合併症を、また「えのき」は、え:壊疽、の:脳梗塞、き:狭心症・心筋梗塞を表し、動脈硬化の結果起きうる重大な合併症になります。

 糖尿病治療で一番大事なことは合併症を起こさないこと、もしくは既にある合併症をそれ以上進行させないことです。そのためには、HbA1cは7%未満に下げるべきであるし、またLDLコレステロールを120 mg/dL以下、血圧は130/80 mmHg以下に維持すべきです。

 もし、これらデータが悪ければ薬を使ってでも下げるべきです。要はデータ次第、データが悪いまま続けば、いずれは合併症で後悔する可能性が高くなります。そのためには、薬も必要。薬を使わなくてもデータが良ければそれでいいし、データが良くなれば薬をやめることも出来る。薬開始を躊躇しているうちに数ヶ月〜数年の歳月が経過してしまい、いつの間にか合併症が進んでしまうかもしれません。

 薬を使うか、使わないかが問題ではありません。要はデータを良くすること。合併症を起こさないとされる基準値まで下げ、それを維持していくことが最も大事なのです。

 

 

41

 

 

サイン

投稿者: わたなべ糖内科クリニック

ご予約・お問い合わせはお気軽に

ご来院されるすべての患者さんが相談しやすい雰囲気づくりを心がけ、

適切なアドバイスを行うように努めております。

  • 047-306-7570.png
  • アクセス・診療時間
  • 047-306-7570_sp.png
  • アクセス・診療時間

※診察は予約制です。電話予約の上ご来院ください。